転職サロン

転職サイト・転職エージェントに全て登録して比較してみた

転職エージェント

今の会社にいる理由がわからない人は○○を確認する

『今の会社で私は必要とされているのだろうか?』

『休日なのに緊急の呼び出しがあるから休んだ気になれない』

『昔よりも笑わなくなったのが自分でわかる』

もしあなたに今、こんな感情が出て切れるのであれば、今の会社にいる意味をいま一度、再確認してみるもの良いかもしれません。

 

『急に何言ってるんですか?仕事をするために今の会社にいるんですよ』って言ってるのであれば要注意です。あなたが今発言した言葉は『私は会社の奴隷です』と言っているようなものです。

 

誰でも学歴社会を終え、社会人として日々働きます。

 

ですが、目的をしっかりと持って、就職活動をした人は多分1割くらいしかいないと思います。周りのワークスタイルに流され、いつの間にか目的を間違ってしまった人は多くいます。

 

このページでは、今の会社にいる意味・目的を確認する方法と、目的の過ちに気が付いた時に『転職』も遅くはないよ。というお話をしたいと思います。

 

入社した会社の目的は?

さて、ここで一つ質問をするので当てはまるものがあれば、うんうんと頷いてみてください。

 

あなたが、今の会社に入社した目的は以下のどれかである。

 

  1. 大学生時代からの希望してた企業だったから。
  2. 年収が住んでる地域では断トツに良かったから。
  3. 誰もが知っている有名企業だったから。
  4. 自分の身分にあった会社であったから。
  5. 中卒だから土木しかなかった。

とりあえず5個ほど上げてみたが、どれかに当てはまる人は多いと思います。

 

『確かに!俺は誰もが知ってる有名企業だったから』と選択する人もいると思うし、他の答えを選択してる人も多いと思いますが、ここで言えることはすべてが『不正解』です。

 

今の会社に入社した目的は『お金稼ぐこと』です。2番の答えは少し正解に近いけど、不正解にするのは、年収と言うくくりに拘っているだけで「稼ぐ」に特化していないから。

 

ほとんどの人が間違える入社の「目的」は「手段」になります。

 

恋愛という例えで話すとわかりやすいかもしれませんね。

 

(目的)
素敵な彼女と結婚をして幸せな家庭を気付くこと。

(手段)

  1. 素敵な女性と出会える場所へ足を運ぶ
  2. 好きな異性に声をかける
  3. 付き合い時期を見てプロポーズする
  4. 子供が生まれる
  5. マイホームもたち幸せな家庭を作る

ここまで、説明すればわかりますよね?目的と手段を間違えてる人が多いことが。会社に勤める目的の目先の目標は「お金を稼ぐこと」なのです。

 

それなのに、会社に入社することが、目的になってしまって、その後にモチベーションや続くことがないから廃人ラットレース状態になっていると言いたいのです。

 

目的を具体的に細分化してみよう

目的を明確にさせると今、いる会社にいるべきか?去るべきか?がさらに詳しくわかることでしょう。ちなみに私が30歳になるまでの目的達成シートはこのような感じでした。

  • 嫌な人とは付き合わない
  • 頭を下げてまで営業をしない
  • 嫌な仕事はすべて断る
  • 30代に入るまでに5億稼ぐ

実際にこんな感じでしたが、すべてを達成して今、違う分野の業界で必死に頑張っています、笑

 

目的を明確に細分化させることで視界がクリアになります。『意味もなく会社行ってたな~』と思うのであれば、ノートでも、メモ帳でもなんでもいいので『目的」をまずは書いてみましょう。

 

目的さえしっかりとわかれば、手段が浮かびあがってきますよ。

 

今の会社にいる意味がなければ転職をする

ところであなたは「人生の平均生涯年収」知っているだろうか?

 

退職金を含めない場合で65歳まで働いたときに貰える生涯年収は、約2億2千万です。大卒で働いたとしても平均年収530万以上を最低キープしないと平均に届かないのです。

 

もしも『生涯年収3億をもらえる企業に就職する』が目的である場合に、年収450万クラスの企業に入社しているのであれば目的の設定ミスになります。

 

もう、思う描いてることと、やっていることがかなり矛盾していますよね?

 

このような単純ミスの場合は『転職をする』ほうが目的達成するためには良い手段です。

 

手段は『目的を達成するための選択権』になりますので、手段はたくさんあるほうが良いです。

 

『人生ハッピーに暮らしたい』という目的がある人が会社へ行くと『上司からのいじめ』にあっているのであれば、全然幸せではないですよね?

 

それならば目的達成の為に、転職をしてイジメもなくストレスがない会社員生活のほうが幸せだよ。ってことになります。

 

今の会社にいる意味が明確にわからないのであれば、辞めて転職することが最善です。

 

目的の為に妥協はしない

それでも、

『入社した会社だから一生かけて勤め上げる』

『転職なんてしたら同期から笑いもにされる』

なんて、くだらないプライドで転職できないのであれば、ストレス抱え疲れ果てるまで今の会社の為に尽くしてみるのもよいでしょう。

 

ただし、『間違いだった』と気が付くころには心身ともに疲れ果てて『転職活動なんて無理』って言って憔悴しきっているのかもしれません。

 

それよりも、今はやめれない理由があっても『転職活動だけはしておこう』という気持ちで今すぐに、転職サイトやエージェントサイトに登録して誰にもバレずにひっそりと行動するほうが身のためです。

 

ましては、転職サイトやエージェントに相談するもの無料で、こちらは何も取られるものもなく、『自分の理想の目的に近づける』のであれば登録するほうが良いですよね。

 

ただ、転職サイトで求人を探すとなると、自分だけで探すとかなり時間もかかるので『この会社でいいか」と途中で妥協するかもしれません。

 

妥協すれば、また目的から遠のくことになるので、目的を明確に打ち出しているのであれば、転職エージェントに相談するほうが効率的です。

 

その時におすすめなので、誰もが知っているリクルートのエージェントサービス「リクルートエージェント」や求人数が業界最大手の『DODA』や評判の良い『JACリクルートメント』あたりで相談することが目的により近づけることでしょう。

 

また、紹介したエージェント3社は個々に「非公開求人」も扱っているので同時登録をして、非公開案件を逃さないようにしたほうが得策ですね。

 

リクルートエージェント

DODA

公式URL https://doda.jp/

JACリクルートメント

 

 

-転職エージェント

Copyright© 転職サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.