転職サロン

転職サイト・転職エージェントに全て登録して比較してみた

転職エージェント

【30代未経験】製造業などの工場勤務に正社員として転職する手順

30代で工場などの製造業の正社員として転職を考えているあなたにどうしても伝えたいことがあります。

それは「30代で未経験でも製造業などの工場勤務に転職は可能だよ」ってことです。

20代のころは好きなことを優先して、派遣社員やバイトで食いつないだり夢を追う人もいるでしょう。

 

または複数の職種を転々としてきたけど、「30代になりそろそろ落ち着きたい」と思っている人は多いと思います。

でも「今まで定職に就いたことがなかったり、就職したくても資格もなくて、どこに転職をすればいいのか」と悩んでいるのであれば、製造業などの工場勤務は最適な就職場所でしょう。

ただし、製造業・工場勤務の仕事に転職をするにも

てん君
「しっかりとした手順を踏まないと、転職したけど失敗したよ・・・」
などと後悔することになります。

 

ですから、このページでは、30代から未経験でスキル・資格無しでも、製造業などの工場勤務に転職できる手順と心得などを紹介したいと思います。

製造業があったから三種の神器は生まれた

戦後の日本において、新時代の生活必需品として宣伝されら3種類の電化製品「白黒テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」を三種の神器と言われ、製造業があったからこそ、世に普及されたと言えます、

1960年代半ばのいざなぎ景気時代には、カラーテレビ・クーラー・自動車の3種類の耐久消費財が、新・三種の神器として喧伝された。

出典:ウィキペディア

今の時代は当たり前のように、手にしている電化製品や自動車などは第2次産業があったからこそ、普及しました。

そんな、製造業は今後も安定した業種として形を変えても将来的に目減りすることなないです。

30代で工場勤務は安定してて年収もそこそこある

製造業など工場勤務者は、年収が少ないようにも見えてますが、大手企業グループ会社の製造部などに配属をされたりすることで、年収が700万や800万まで貰える社員もいます。

中小企業でも景気や今後の将来性が安定している企業だと、大手と同様に年収も比較的安定していますが、派遣社員や期間工として勤務する場合は、年収に雲泥の差があるのと、期間が切れれば、用なしにされてしまいますので、必ず正社員として工場勤務を成功させたいです。

 

製造業・工場勤務は少し退屈だけど体の負担は少ない

工場勤務はレーン仕事などの「流れ作業」をメインとする企業が多いので、比較的体に負担が少ない職業でもありますが、製紙などや精密機械製造機などの組み立て作業員となると、体力が必要とされる分野もあります。

また、技術者(技術設計・オペレーター)などの専門職をなると専門資格などの必要となりますが、工場勤務で後々、高収入を得たいのであれば、転職する前に資格を取得しておくのも良いでしょう。

 

転職コーチ
ボイラー技術士などの高度な国家資格なども保有していると、かなり重宝される立場になりますから、平社員から脱却を図る人で取得できるのであれば、積極的に試験を受けることです。

なぜ工場勤務は退屈なのか

工場勤務は就労時間中は、主に一定箇所から動かない「流れ作業」が多いので手を動かす以外は暇です。

3交代などを経験するとわかりますが、日勤と違い夜勤は生活リズムも崩れますから、夜勤中に居眠りする人もたまにいますし、中には作業場が暗い場所での作業する人の中に、暗闇をいいこと意図的に眠るバカもいるくらいです。

 

今まで、営業やサラリーマンといった足を使って外に出てた人が、工場勤務に転職すると「とにかく暇」でも「体は楽」といった声が耳にします。

製造業・工場勤務は「遣り甲斐より、生き甲斐のため」

同じルーティンワークの工場勤務は、遣り甲斐(やりがい)よりも生きるための手段(生き甲斐)として区切ることも重要です。

 

今まで、手に職をつけた人などは、仕事にプラスアルファを求める方がいますが、工場勤務などの製造業は「同じもの精密に作る」ことを求められるので、やりがいはないと心得ることです。

 

ただ、同じ仕事を繰り返すのも、かなりセンスがいることですから、工場勤務は忍耐も必要になります。

30代の工場勤務に転職のメリットとデメリット

30代から製造業・工場勤務などに転職する場合、もちろんデメリットもメリットもあります。

製造業・工場勤務のデメリット

工場勤務のデメリットと言えば、零細企業などに転職すると、工場の空調や設備が芳しくないので、「夏は暑く」「冬は寒い」です。

このサイトを見に来ている今の時点で年収が500万以上も方は、あまりいないと思いますが、今の時点で年収が500万以上あるのであれば、転職することによって必ず年収は下がる可能性が高いと思います。

 

企業サイドも採用時点で、製造業・工場勤務未経験の方に500万を提示する企業は特殊は職種でない限りないです。

 

ですが、年齢を重ねるにつれて、工場勤務でも昇格することで年収500万や700万以上もらえる人もいます。

 

私の友人は高卒で大手飲料グループに入社しましたが、2年後には年収480万、10年後には主任・課長クラスとなり年収680万になりました。(ちなみにそこの企業はボーナス4.6です)

工場勤務はデメリットも多いですが、のちにデメリットがメリットに代わることあるのを覚えていきましょう。

 

 

製造業・工場勤務のメリット

工場勤務のメリットは、零細企業や小企業の除き、管理職クラス「主任・課長」とキャリアアップしていくと必ず年収が跳ね上がります。

会社としてもかなりの戦力と認めるわけですから、他の企業への転職を防ぐためにも年収やポストも提示してきます。

 

30代から未経験で製造業に転職をしても、40代になれば、人事からの評価も上がりますから、30代も前半の内に転職を成功させたいです。

 

また、中企業~大企業の製造業に転職できれば、福利厚生なども充実していますから、休日も年間スケジュールでわかりますし、それに合わせて有給を使いやすいいですし、肉体を酷使することも少ないので、「日曜日は疲れ果てて寝てる」などと言ったことはほぼないでしょう。

 

実際に、工場勤務の同級生は日曜日になると、スポーツチームの試合やゴルフ・連休になるとみんなで集まってBBQやったりと、比較的に安定してるので休日の使い方も上手で一緒にいると楽しいですし、たまにですが「わたくしは企業の代表ですが、社長をやっていることが馬鹿らしくなることもあります・・・」

 

製造業・工場勤務に転職するときに必要な2つのポイント

30代から工場系勤務に転職するときに2つですが、気を付けてほしいポイントがあります。

  1. 企業の選ぶ順は大手企業から
  2. 転職活動をする時は転職エージェントを使う

2つを順に説明します。

企業を選ぶ順は大手から

良くある話ですが通り沿いにある企業で、会社の広報看板に「従業員若干名募集」などという求人案内を見たことあると思います。

この、手の求人にすぐに飛びつくのは非常に危険です。

10代や20代で工場勤務転職なら失敗してもリスクは少ないでしょうが、30代から未経験で製造業・工場勤務に転職をするのであれば、大手から順にエントリーするべき。

 

基本的に工場勤務は特殊は資格は初めのころから必要ないのですし、高卒から工場勤務している人も資格なんて初めから取得してなく、なくてもそれなりに仕事はできるものです。

 

企業サイドも求人をする時には「即戦力」も必要事項ですが「長く働いてくれる人」を最も採用したいのが本音であり、入社後は素人でも玄人でも、新人教育は受けさせるものであり、即戦力として期待するのは3か月後を目途にしてる企業が多いです。

 

また、大手企業になればなるほど、しっかりとした人材を確保したいので大々的に宣伝求人広告に費用も投資します。

未来の有望社員への投資は、求人することか始まりますので、道端にあるような求人看板やフリーペーパーからの求人は最終手段として取っておきましょう!

転職コーチ
まずは、大手から! これが一番大事です!

転職活動をする時は転職エージェントを使う

大手から探すことがわかれば、次は求人媒体探しですが、結論から言えば、ハローワークより、転職サイトよりも、「転職エージェント」を利用して転職しましょう。

転職エージェントは「転職のプロ」ですから、企業が欲しい人材を探し出し、企業サイドにあなたを売り込んでくれます。

 

また、未経験でも製造業は活躍できる職場と、転職エージェントは理解してますから「長期的に働く意思」があれば、必ず強く推薦してくれることでしょう。

 

未経験者でもしっかりとした、転職動機があれば、企業サイドも納得できますから。

転職コーチ
なんの面接やエントリーでもそうですが、最大の武器となる転職動機は「貯金したい&長期で働きたい」です。この2つを本音を言ってあなたを嫌う企業はどこにもないでしょう。

【結論】30代から製造業などの工場に転職するのであれば「転職エージェント」を利用すると好案件が探せる

結論としてまとめると

  • 30代未経験でも製造業への転職は可能!
  • 製造業・工場勤務は探しは大手から
  • 転職を成功させるには転職エージェントを活用する

この3点をお伝えしたく記事にしました。

 

30代は転職最終年代とも言われ、40代になるとキャリアアップ転職以外は相手にされないことが多いです。

ですから、30代の内に必ず、転職を成功させるべきであり、転職できると「工場系は敬遠してたけど、働いてみて一番安定した職場」とわかることでしょう。

 

-転職エージェント

Copyright© 転職サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.