転職サロン

転職サイト・転職エージェントに全て登録して比較してみた

転職エージェント

30代からの再就職は難しい?転職を最短で成功させるスキルと成功ポイント

30代からの再就職を難しいと思っているあなたに伝えたいことがあります。

それは「30代からの再就職は、20代と違い簡単ではないけど、難しくもないよ」ってことです。

実際に30代からの転職は、30代前半・30代後半で難しさも違いますが、間違った選択肢をしなければ、転職することは十分に可能ということです。

 

20代のころに培ったスキルや資格を活かした「キャリアアップ転職」もありますし、いままでのキャリアを無視した「未経験転職」もあります。

30代からの再就職活動時に、資格を保有したほうがいい職種もありますし、未経験から再就職し必要があれば取得すればよい資格もあります。

実際に30歳からの再就職を難しくしているのは「あなたの優柔不断なところと、間違った転職活動」をしているからです。

 

このページでは、30代からの再就職に必要なスキルと正しい企業の選びかたをお伝えしたいと思います。

再就職を成功させるにはしっかり転職成功法則を理解してください。

30代の再就職で資格って必要?

30代からの再就職時に、資格がないから取得したほうが就職活動に有利になるのでは?と思っている人も多いですが、実際には、再就職したい職種や業種によって「取得したほうが良い」「取得しなくてもいい」に分かれますが、職種問わず転職時にプラスに作用する資格と言えば【TOEIC】です。

 

この先グローバル化も進みますから、国内企業でも【TOEIC】を取得しているだけでもかなり転職活動が有利になるでしょう。

 

日本は英語力が低い人が多いので、オンライン英会話など使い自宅学習するのも1つの方法です。【TOEIC】と英会話では実用性を問われれば、「英語力」が優先されますが、資格保有として【TOEIC】を取得しているとスコアとしてわかりやすいです。

 

また、そのほかにも職種や業種によって取得しやすく、また活かせる資格をリクナビネクストから拝借すると、

  • 宅建建物取引主任者
  • ファイナンシャルプランナー
  • MOS(マイクロオフィススペシャリスト)
  • 簿記検定
  • 社会保険労務士
  • 弁理士
  • MBA
  • 情報処理技術者
  • アマゾン ウェブ サービズ(AWS)
  • Salesforce認定資格

などが、職種業種によって「保有しておくと有利になるのでは」という見解になります。

実際に、上記に紹介資格であれば、ほぼ通信講座などで受講も可能なものばかりですので、再就職前に用意周到で望むのであれば、チェックしたい資格となります(MOSは私が独自に入れておきました)

 

30代の再就職で求められるスキルは?

30代からの再就職者に求められるスキルは20代のころとは違い「即戦力」であり「人間性」も求められます。

30代は何かと「出来上がっている人」が多いので新人研修などをする手間も省けますし社会の荒波に揉まれてきたので、最低限のマナーは理解しているはずですから、即戦力として期待するわけです。

 

ですから、多少なりとも「自信がある職種・業種」を転職先として選択するほうが、企業のニーズ・ウオンツに答えられるでしょう。

30代の再就職で未経験業界は失敗する?

スキル・資格・キャリアを全く考慮しないで、未経験職に再就職する場合、それなりに転職のハードルは上がりますが30代からでも未経験者を歓迎している職種もあります。

基本的に工場勤務などであれば、流れ作業が一般的ですので、特殊な資格も必要ではありません。

 

また、タクシードライバーなども初心者歓迎の業界であり、30代から再就職すると逆に歓迎される職種です。

ドライバーは基本資格がなくても内定してから資格取得を面倒見てくれる企業も多いです。そしてタクシードライバーは30代に人気がある転職先で、年収も短い期間で500万~600万に跳ね上がりますから魅力があります。

 

未経験業界も選択肢1つで「成功も失敗もあります」が工場勤務やタクシードライバーは比較的ハードルが低い転職先と言えるでしょう。

 

30代からは【やりたいな~】ではなく【やる】を選択する

30代の再就職に必要なことは「やりきる意思」があることが大前提です。

 

もしも、ただ何となく「今の会社居ても面白くないから、転職したいな~」などど、なぁなぁな考えで転職をするのであれば、再就職は難しくなりますからキッパリと再就職活動や辞めるべきです。

 

それよりも、自分の理想とする生活スタイルや勤務スタイルがマッチングしてて「今の企業の年収よりも少し少なくなるが、福利厚生や通勤時間が短縮でき、時間効率を考えると、転職先として最高な会社だ!」などと、転職するべき明確な理由を持つべきです。

 

30代は結婚や育児、子育てなど生活リズムが大きく変わる年代ですので、今後20年先のことを考えながら再就職先を選ぶこと。

 

30代からの再就職は【転職エージェント】活用し効率性を上げる

30代からの再就職活動は「一人で活動するよりもエージェントに依頼する」ことが一番効率的で、失敗も少なくなります。

実際、転職エージェントは日本に2万社近くありますから、その中でも大手のエージェントを活用することです。

 

再就職活動中は現職を辞めては絶対にダメ!

再就職活動中は絶対に現職で働きながら行うこと。

日中や業務中はしっかりと仕事をして、転職エージェントからの推薦求人先のメールや電話を待つことです。

転職活動は1社受けただけで採用まで行くことはないです。

 

実際に数社エントリーしてすぐ再就職できるかたもいますし、その一方で80社受けても最小されな人もいるからです。

また採用まで行っても最終的に自分の希望条件からかけ離れていれば辞退することもあります。

すぐに採用されればいいですが、半年も再就職先が決まらなければ、生活費も工面もありますから、絶対に内定をもらうまでは現職を辞めないことです。

 

30代の再就職に利用したいエージェント5選

30からの再就職で登録したいエージェント5選

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • ビズリーチ
  • タクQ
  • 工場ハウス

順に一口コメントを入れて紹介します。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数が20万件以上ありますので、あなたの条件にマッチした求人案件を紹介してくれます。

母体がリクルートですので安心感はありますが、最近不祥事があったりしましたが、求人案件は豊富ですので登録してみるといいでしょう。

⇒ https://www.r-agent.com/

DODA

DODAは求人数業界い大手のモンスター求人サイトでありエージェントサイトとしても機能してます。

とにかく求人数が多いので、ここで希望とする求人企業がないとは言えないでしょう。

⇒ https://doda.jp/

ビズリーチ

現時点で年収550万以上あるのであれば、ビズリーチで再就職先を探してみるのもいいです。

キャリアアップ・資格やスキルを活かした転職であれば、めっぽう強い転職エージェントで、求人メールは多く届きませんが、確実に自分にマッチした案件が届きます。

⇒ https://www.bizreach.jp/

タクQ

未経験で年収500万以上を5年以内に貰いたいのであれば、タクシードライバーに転職するのも1つの手です。

タクシードライバーは昨今、30代に人気の転職先であり20代でも年収800以上貰う人も多い業界で、入社祝い金も最大40万もらえる「タクQ」に登録するのが効率的です。

⇒ https://www.taxi-qjin.com/

工場ハウス

30代から未経験職でタクシードライバーは無理だが工場系勤務は興味がある!と思うのであれば「工場ハウス」に登録し再就職先を探すのもいいです。

工場系は将来的にも安定した職種ですが、極力大手企業からエントリーをするのが大成功する秘訣となります。

⇒ https://jobhouse.jp/

【結論】30代からの再就職は難しくない!でもやりたいことを明確にする!

30代からの再就職は20代からのキャリアを活かす「キャリアアップ転職」と30代から未経験業界への「新規チャレンジ転職」があるでしょう。

 

どちらとも、結論から言えば「難しい再就職ではありません」というのが答えです。

 

実際に、これからやりたいことが、明確化されてれば、必要な資格は事前取得すればいいだけですし、

転職後に取得しても間に合う資格であれば、転職後に取ればいいのです。

 

再就職も、未経験者が歓迎されていないキャリアに転職エントリーすればそれは失敗の原因となります。

 

その一方で、未経験歓迎の企業であれば「やる気・即戦力・人間力」をしっかりと自分自身でコントロールすることで、臨機応変に対応できるはずです。

また、再就職は「難しい」と考える前に、「転職する必要があるのか?」をまずはしっかりと考えること。

人に流されての転職よりも、自分の意志で転職活動をすることで「転職は難しい」よりも「楽しく・やりがいのある」ものへと変わることでしょう。

-転職エージェント

Copyright© 転職サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.