転職サロン

転職サイト・転職エージェントに全て登録して比較してみた

転職コラム

30代で退職した人を採用した結果【全然使えなかった件】ありえへん話

退職して今から転職活動する方に伝えたいことがあります。

それは「30代の転職者に企業が求めることは即戦力と協調性」です。

当社で営業職の人員を増やそうと思った時期があり求人をかけていたことがあります。

 

その時に30代前半の方からエントリーがあった時の話です。

結論から言えば「戦力にもならず、無駄な投資をした結果に終わりました」と言えばいいでしょうか。

その方は、やる気もあり、自信に満ち溢れている人でしたが、採用した結果、会社の売り上げが20%ほどダウンしました。決算報告を受け税理士と数字を見直すと、前年度とはかけ離れた数字があり、「なぜこうなったのか?」を何度も何度も確認した結果「あ、彼の営業成績がここまで悪いんかい」となった次第です。

 

この時に、思ったのは「30代から転職して人は、数字(即戦力)と人間性(協調性)をトコトン確認しないとな」と思った次第です。

このページでは当リフォーム会社に入社してきた、未経験営業マンがどこがダメだったのか?をお伝えしながら「30代で転職するなら押さえておきたいポイント」をお伝えします。

30代からの転職者は「年収アップする」転職先を探している

30代の転職者は何かと「年収が上がる企業に転職したい」と思うはずで、実際に30代になれば、生活スタイルも変わるので何かと出費も増えることでしょう。

ただ、年収が上がる転職先企業は「給料を前職よりも欲しいなら」実績やこれまでのキャリアを見せてほしいと思うのが本音です。

 

今まで結果を出している人であれば、「目力も強く自信もあります」から堂々と給与交渉もしてきます。

 

「強気の姿勢でくれば来るほど、こちら側も期待します」し、未経験でも営業職であれば、コツを掴めはかなりの歩合も取れるものです。

営業職は挑戦してチェレンジするほど、結果も出ますので年収アップに直結する業種かもしれません。

 

面接で嘘をつくと入社後に必ずボロがでる

30代の転職希望者に面接をした時の話ですが、「年収を偽ってた」ケースがありました。

元々、鉄鋼場勤務の人でしたから職人気質のある人です。

 

「年収ですが、今まで〇〇〇万円いただいてましたので、同等もしくは年収アップ希望です」とかなり強気な交渉をされたのを覚えています。

 

まぁ、入社3か月は前職同等の給与、4か月目からは査定しアップすると約束しました。

初めの3か月は試用期間でしたが「飲み込みも早いから戦力としていけるか?」と思い、約束の4が月目からは前職月収ベースに+3万円上乗せでスタートさせましたが年末調整時に思わぬ落とし穴が、笑

年収の偽り発覚

当方も会社組織なので、前職からの所得控除やらなにや引き継ぎますが、私は経理など把握してませんから、年末まで社員の給料など確認してません。

ですが、決算も終わり、年末調整も終わり、、、源泉徴収をみてビックリでした。

 

それは、前職の会社の年収を面接時に80万ほど偽って報告していたのです。

 

まぁ、小さい会社で社長の私が面接なども担当してましたので、蓋を開けて驚きました。

虚偽は必ずバレるので、転職先企業には絶対に本当のことを話すことです。

 

30代転職者は「戦力」となるのか?

虚偽社員とも言いましょうか。

一応、見て見ぬふりをして、そのまま勤務させましたが、思ったほど、営業成績は上がらず、数字が上がっても採算が合わないのです。

 

結局のところ当社では「即戦力」となる営業を求めていたのに、「戦力外候補」を採用してしまったのですが、育てるも会社の親心と思い育てようとしますが利益が伸びないのです。

 

30代は戦力にならないんか?とも感じましたが、当社では彼だけが唯一の戦力外でした。

30代の転職者は、今まで培ってきたキャリアがあればなるほど、即戦力として期待されているのです。

戦力の次に大切なのは協調性

結局のところ、売り上げが上がるようにはなるが、利益率がかなり悪くなります。

税理士などの細かな打ち合わせをしたところ、中途採用した転職者の利益率が悪いことが判明。

 

流石に虚偽面接の件もありましたので、事務所に呼び出し話をすると「営業成績(打ち上げ)欲しく利益率を無視した金額で受注していた」ことが発覚します。

そして、そこに追い打ちをかけるように、「見積書の積算ミスが怠慢な営業スタイル」と問い詰めるとボロボロです。

 

戦力としてほしかったのに、戦力ではなく、会社の方向性を無視した協調性の無い人です。

会社は目標売上や利益をしっかりと計算して戦略を立ててますので、自分よがりの協調性の無い人はいらないのが本音でしょう。

 

即戦力な人は「前職の年収よりもアップした金額提示でも欲しい」

ただし、本当に即戦力となる人は「年収を倍にしても欲しい」のが本音です。

戦力外社員を10人、中途採用するのであれば、即戦力社員を5人欲しいです。もし仮に戦力外会社員に月40万渡すのであれば、できる社員5人の給料を月80万にしてでも頑張ってもらいたいのが本心です。

 

経営は足し算ではなく掛け算なので、使えない人がいればいるほど売り上げも利益も上がらないのです。

 

これが最もシビアなのがプロ野球選手ではないでしょうか。

欲しいスター選手はお金をいくら積んででも球団に来てもらいたいですし、戦力として無理だと判断しれば戦力外となります。

 

結果が出ない人は辞めてもらう、これが実力社会

当社の営業職は、結果主義ですので利益に貢献できない人はクビです。

営業職に年齢は関係なく、20代でも30代でも40代でも結果を出す人は、戦力となりますし、戦力となる人は人を育てるのも上手ですのでチームプレーで営業数字を上げる力に長けてます。

 

会社はあなたの時間価値に対して給与を支払いますので、価値がなくなれば辞めてもらうのが常識です。

 

30代で失敗しないためにも、転職したら絶対に結果を出すこと。

 

それが不成績だろうが好成績だろうがです。

みんな、人間ですからミスはありますし会社も1つのミスは許しますが、何度もミスが続けば「堪忍袋の緒が切れる」ことでしょう。

「まとめ」

当社に営業職面接に来て採用した結果、まったく使えなかった人材だった話です。

どこのサイトでも30代からの転職者に求められることで「即戦力・人間力」を書いてありますがまさにその通りです。

最後にまとめてとして「使えない30代転職者の特徴」をお伝えします。

  • 前職歴を嘘つく人
  • 前職の悪口を言う人
  • 給料に対して不満を言う人
  • キャリアが全くない人
  • 協調性がない人

ふと思い浮かぶのがこの5ポイントです。

この辺りは、次回細かくかみ砕いて記事にしますが上記に当てはまる人は、工場系勤務やタクシードライバーなどが結構適正職だったりします。

それでは。

 

 

-転職コラム

Copyright© 転職サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.