転職サロン

転職サイト・転職エージェントに全て登録して比較してみた

女性の転職 転職サイト

30代の転職で気をつけたい2つのポイントとおすすめ転職サイト3選

更新日:

30代からの転職で、気を付けたいポイントが2つあります。それは、『年収が下げる、転職サイトを選んではダメだよ』ということです。

 

実際に、転職で失敗する人の多くは『転職するたびに年収が下がる傾向にある』ということです。

 

ハッキリ言えば、転職活動に妥協をすると、年収も下がります。せっかく転職する前に、企業の情報や条件などを確認できるのに、なぜ転職して給料ベースが下がったりしてしまうのでしょうか?

 

それは、『20代の頃の勢い任せの転職とは違い、少し知恵を振り絞り戦略をたてて臨むのが30代の転職』になります。

 

30代のから転職する人は、家庭を持っている方も多いですし、20代のころとは違い、それなりのキャリアやスキルを積み上げているので、しっかりと企業との交渉もするべきです。年収が下がる転職よりも、年収が上がる転職にチャレンジするべきです。

 

30歳から転職に踏み出すには、それなりの理由がありますよね。

 

  • 今の会社では評価が低すぎる
  • 同期入社の同僚とのキャリア差が開くばかり
  • 年収が低すぎて趣味にお金を投資できない
  • キャリアアップの為に外資系企業に転職してみたい
  • 自分のスキルを最大限に評価してくれる企業へ転職したい

 

など、良くも悪くも、転職動機は人それぞれです。ただし30代からの転職でやってはいけないことは『年収が下がる転職』と『評価が下がる転職先への転職』をしてはダメだよってことです。

 

転職するたびに年収が下がる人をみかけることがありますが、それは転職のサイト選びがそもそも間違っているからです。

 

このページでは、『どのように改善しながら転職活動をすればいいのか?』『30代からの転職で年収が下がることなく、あなたの評価を最大限に受け入れてくれる転職サイト』を紹介したいと思います。

30代の転職は、目的と手段をハッキリさせる

30代の転職期を2つに分けることができます。

  • 35歳未満の転職
  • 35歳以上の転職

30~35歳までの転職は正直ハードルは少し低めで、35歳以上からの転職になると少しハードルが上がります。もっと噛み砕いて言えば『20代から作り上げてきた、あなたのキャリアを転職先が気にするよ』ということです。

 

実際に35歳以下の転職であれば、人材不足の会社であれば『即戦力として期待する』一方で36歳になると『この人が今まで上げてきたキャリアを考察しよう』と転職先の企業も考えるわけです。

 

転職サイトを使い自分が希望するハイクラス転職があっても今までの職務経歴に秀でるものがなければ、書類選考で不採用されることは多いです。

 

しかし、36歳以上だから『もう転職は無理なのか・・・』ではなく、あなたがそれなりのキャリアを積み上げてきてるのであれば、年収ベース600万以上も可能で、それを飛び越えて年収1000万のハイクラス転職も夢ではありません。

 

ただし、乗り越えるべき壁も多いのも事実です。

そんな、30代の転職の壁を乗り越える方法がたった1つだけあります。

 

『転職エージェントも併用されている転職サイトを利用し転職に挑む』

 

え?それだけですが?と拍子抜けしそうですが、30代からの転職を成功させるにはこの方法しかありません、その反面、転職活動して失敗する人は大概これができてない。転職することが目的になってしまい、転職した後のことを考えずに行動してしまうわけです。

 

30代の転職者の志望動機

あなたは、30代の転職者の転職理由が『会社の将来に不安だった』からが一番多いことが厚生省の調査結果が出てることは知っていますか?

 

30代で転職する人は、在職中の企業の未来も実際に考察しながら『このまま一生仕えるか?』『見切りをつけるのか』を判断してます。

 

『うちの会社って本当に景気悪いからな~』
『6年も働いてるのに、ベース給3000円しか上がらないし…』

 

なんて、飲み屋の隣の席から聞こえてきたこともありますが、『なぜ?この人は転職しないのかな~?』と逆に不思議な気分になった時もあります。

 

ですが、『今の会社の将来が不安だから早く転職しよう!』と焦って転職した結果、『失敗した…』という声も聴いたこともありますので、そうならない為にも私が実際に20代で1回、30代で1回転職した時にお世話になった転職サイトと、一緒に併用したいサービスを紹介しますね。

 

まずは、焦る気持ちを捨て、『失敗しないサイト選び』をすることです。

 

30代の転職サイトのおすすめ3選

30代で転職サイトを使い転職活動を始めるのであれば、20代で活用する転職サイトとは少し違うサイトもにも登録したほうが良いです。

  • リクナビNEXT(ネクスト)
  • マイナビ転職
  • DODA(デューダ)

この3つを登録すれば、ほとんどの求人媒体を網羅することができます。リクナビネクストやマイナビなどは就活時にお世話になった人も多いかと思います。

 

この3サイトは、転職サイトでありながら同社グループに「転職エージェントサービス」がありますので、転職サイトから最終的に転職エージェントにお願いしたと言ったケースもありますが、転職サイトは、エージェントと違い『自分の好きな時間に求人検索ができる』ことが大きな魅力ですね。

 

それでは1つ1つのサイトの特徴を、簡潔に紹介します。

 

リクナビネクスト

リクナビネクストは人材紹介会社大手、リクルートキャリアを母体に持つ転職サイトです。

  • 新着求人は毎週水、金曜日に更新
  • 求人数は 18,799件 (3月26日現在)
  • グッドポイント診断で強みの分析
  • 限定求人が約85%ある

リクナビネクストは、新着求人を毎週2回にわたり更新してますので、新鮮な求人情報が常に入ってきます。求人エリアは日本全国+海外も網羅していますので、地方で転職活動をする方でも求人数はそれなりにあります。

リクナビネクスト転職はチョット待って!登録前に確認したい5つのこと

みんな、お世話になる転職サイトはリクナビネクスト 転職活動で誰もが聞いたことがあるサイト『リクナビネクスト』は、ご存知でしょうか。   リクナビネクストは、株式会社リクルートキャリアが運営す ...

続きを見る

また、はじめての転職時に『自分の適性職種って何?』と悩んでしまいそうなところを、「グットポイント診断」を活用し分析することも可能です。

 

転職サイト大手ですので、転職者の8割がリクナビネクストでお世話になったことがあるてのもうなずけます。ちなみに、私転職してから数年経ちますがいまだに、リクナビネクストからメールが届きます、笑

 

『サイト名』リクナビネクスト
『公式URL』https://next.rikunabi.com
『運営会社』株式会社リクルートキャリア

 

マイナビ転職

求人広告系サイト大手、株式会社マイナビが運営する『マイナビ転職』は大手企業への転職も十分に可能なサイトです。

  • 新着求人は毎週火、金曜更新
  • 有名企業の求人も多数あり
  • 転職イベントを全国で開催
  • 求人数は、9,608件(3月26日現在)

リクナビネクストとの対抗馬と言えば、「マイナビ転職」です。

 

登録後のプロフィールなどの簡単にわかりやすく記入できる・アプリが使いやすく見やすい、などと求人検索もストレスフリーな声が多いです。上場企業などの求人情報もありますので気になる企業のが見つかる可能性が高いです。

 

また有名企業ばかりではなく、工場などの製造系に特化した求人案件(一部紹介)などもあり、業種、業界も網羅していますので自分に合う職種も探せます。

 

求人数は、リクナビネクストには、数では負けますが、被りの求人以外もありますので2つを併用し、企業を検索することもできますね。またマイナビ転職は30代までの方は活用できますが、40代になると求人数がかなり目減りしますので利用するなら30代までです。

 

『サイト名』マイナビ転職
『公式URL』https://tenshoku.mynavi.jp
『運営会社』株式会社マイナビ

 

DODA(デューダ)

人材派遣型大手のパーソルキャリアが運営する、転職サイト兼エージェントサイト『DODA』はリクナビネクストとマイナビ転職とは少し異なります。

  • 求人数がダントツに多い
  • エージェントも併用してる
  • 求人数は 135,806件(3月26日現在)

DODAは、他の転職サイトやエージェントサイトと違い、直接応募ができたり、エージェントに相談できたりと転職経由が2種類あるので、他の求人媒体よりも転職案件数が豊富です。

また企業からのスカウトやエージェントからの紹介、システムからの自動レコメンド機能もありますので様々な角度から提案を受けることが可能です。

DODA(デューダ)エージェントで登録してはいけない!?転職者125人の口コミと評判

dodaエージェントはどんな会社なのか? 人材不足の今、転職業界の売り手市場が続くのに、転職活動が上手くいかない、、、と足踏みしてる方に伝えたいことがあります。 それは、「やみくもに転職活動をしても上 ...

続きを見る

またグループ転職サイト『MIIDAS(ミイダス)』も登録すると良いです。ミイダスは『企業からのオファーだけが届くシステム』で始めに職務経歴書を登録時に書き込むだけで、あなたを欲しいと思う企業からオファーが届きます。

逆に、自分からエントリーするわけではないので、一度登録すれば後は待つだけですので、転職活動に全く時間が取れない人であれば利用することをオススメします。

 

『サイト名』DODA(デューダ)
『公式URL』https://doda.jp/
『運営会社』パーソルキャリア株式会社

 

転職サイトと併用した転職エージェント

当サイトで転職者213名に、アンケートを取った結果、先ほど紹介した転職サイト3選の他に併用してた、転職エージェントがわかりました。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • JACリクルートメント

この3つのエージェントを同時利用、もしくは転職サイトから乗り換えたという声がありましたので簡単に紹介したいと思います。

 

『リクルートエージェント』

『リクルートエージェント』はリクルートキャリアが運営する転職エージェントですので『リクナビネクスト』の姉妹サイトだと思ってくれればよいです。

リクルートエージェント

 

『マイナビエージェント』

『マイナビエージェント』も『マイナビ転職』の姉妹サイト。

マイナビエージェント

 

『転職サイト』で自分の力だけではなく『転職エージェント』の力も借りて転職を成功させたい。と思った方が同系列のエージェントやライバルエージェントサイトを同時利用した同時利用したと言う流れです。

 

『JACリクルートメント』

転職サイトと併用しながら、JACリクルートメントを活用してる方も数名いました。30代の中で30代前半の方の活用が目立ちました。

  • 海外転職希望者
  • ミドルキャリア層
  • 年収600万以上を目指す人

上記3点に当てはまる人の利用が多い気がします。JACリクルートメントを活用した方の実際の声がこちら。

30代前半男性

JAC担当者が半年ほどの期間、しっかりサポートしてくれました。ちょうど、新規の求人案件が少ない時期で、なかなか希望に沿ったものが無く、自分でも転職を諦めかけていました。その時も電話やメールで相談に乗ってくれました。サポート体制がとてもよかったです。

と、自分の時間を割くのが難しい方が、転職エージェントを活用してる傾向にあるようです。

『サイト名』JACリクルートメント
『公式URL』http://www.jac-recruitment.jp/
『運営会社』パーソルキャリア株式会社

公式サイトはこちら

 

35歳までの女性におすすめ転職サイト

35歳までの女性が利用する、転職サイトとエージェントサイトを2つ紹介します。

  • 女の転職type
  • とらばーゆ

『女の転職type』は女性の味方

 

リクナビネクストや、マイナビ転職の利用も圧倒的に多かったのですが女性の方で『女の転職type』を利用してる35歳までの方も多かったです。

  • 25歳~35歳までの女性の利用が多い
  • 全国的に求人を網羅している
  • 女性目線でサイト構成されている

実際に『女の転職type』を活用した方の口コミも紹介すると

27歳女性

女の転職@typeは紹介件数も多からず少なからずいい仕事ばかりが紹介されているので信頼して使っていました。また、女性が働くにあたって知りたい情報が細かく掲載されていたので使いやすかったです。

5段階評価でアンケートもいただきましたが、の評価でしたので、かなり満足度が高いと思います。

『サイト名』女の転職type
『公式URL』https://woman-type.jp/
『運営会社』株式会社キャリアデザインセンター

公式サイトはこちら

同系列エージェントサイト

『サイト名』type転職エージェント
『公式URL』https://type.career-agent.jp/
『運営会社』株式会社キャリアデザインセンター
『特徴』東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の25歳以降のIT企業のシステムエンジニアの転職案件がメイン

とらばーゆ(女性のための転職サイト)

『とらばーゆ』はリクルートが運営する、女性の転職サイトになります。同グループの『リクナビネクスト』をサービスが被りそうで被ってないです。

  • 駅に近いオフィスに転職したい
  • ジーンズOKなオフィス勤務
  • 産後の転職活動
  • アパレル・ネイルサロンの転職

など、かなり転職としても幅広い業種までカバーしてたり、ユーザーのわがまま条件でも仕事が探せるサイト構成になっています。

 

堅苦しい転職よりも、少しラフな転職を希望する人にはマッチします。

 

転職サイトのとの併用をしながら加速度的に転職を成功させましょう!

30代女性

サイトが見やすく検索もしやすいのでとても使い勝手が良かったです。希望の勤務地や待遇の事務職の情報が掲載されていてありがたかったです。
エントリーの結果無事に採用に繋がりましたので、利用して良かったと思います。

『サイト名』とらばーゆ
『公式URL』https://toranet.jp/
『運営会社』株式会社リクルート

公式サイトはこちら

転職活動は、スピード重視!?

転職活動し始めると、どうしても早めに転職したいと思ってしまうのもわかりますが、『焦らずに自分が納得できるまで』時間をかけることです。

転職サイトに登録すれば、求人メールなどが届きますが、あくまで『自分の希望職種以外は無視』することです。希望の職種でリサーチしてても希望外の求人紹介もメールで届きます。

 

そこにいちいち反応をしてると、時間がいくらあっても足りないので、短期的に転職先を探したいのであれば、先ほどのMIIDASかエージェントの活用が効率は良いです。

 

ただし、転職サイトなどの求人情報を全て鵜呑みにしてはいけません。

 

転職サイトの成功と失敗の分岐点

転職サイト利用者で成功してハッピーな方と、失敗して『転職活動も無理』と投げ出す人に分かれるのはなぜでしょうか?

 

転職で失敗したかたは、

『ブラック企業からの脱却を図っての転職活動だったに、転職した先もブラックだった』
『求人情報には正社員と記載してあったのに、最終面接まで行ったら派遣契約だった』
『転職後初めての給料、明細書をみたら求人募集時の給料表示よりも低かった。これじゃ年収ベースが前職よりもかなり下がる』

 

などなど、転職後に失敗したことに気が付きます・・・根気寝入りする結末だけは避けたいですよね。

 

転職サイトの求人企業も、転職エージェントで紹介される企業も、全てお任せで信じきることは辞めたほうが良いです。一度エントリーする前に転職先の口コミや評判なども自分のめで確かめることです。

 

手っ取り早いのが、社員による会社の評価を掲載している『Vorkers(ヴォーカーズ)』で転職したい企業先の口コミをチェックしましょう。

Vorkers

公式サイト https://www.vorkers.com/

社員からの書き込みですので、リアルにブラック企業は晒されますし、スコアー別で企業の評価を見れるので、安心して求人を探せるようになります。

 

実際に、転職サイトやエージェントでも、平気でブラック企業が掲載されてたり、紹介されたケースもあるので自己防衛策として是非活用してください。

 

最後に

30代で利用したい、転職サイト3選+併用エージェントを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

20代の頃の転職とは少し、勝手が違ってきますが基本転職活動の手段や目的は、どの年代の転職者もあまりかわりはないようです。

 

最後に簡潔にまとめると

  • 転職の目的と手段を理解する
  • 転職サイトを選ぶ
  • エージェントも活用する
  • 転職したい企業の評判を確認する

このルールを間違えなければ、よほどのことがない限り転職で失敗することはないでしょうが、最後に少しだけ脅かすと・・・

 

『転職サイトは、基本、面接や職務経歴書、給与交渉などは自分の力でやる』ということでしょう。

 

それが、面倒だな~と思うのであれば、エージェント活用してみて下さい。

 

それでは、あなたの転職活動が成功することを願っていますね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

-女性の転職, 転職サイト

Copyright© 転職サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.