転職サイト

派遣社員から転職して正社員に引き抜かれたい?それとも断る?

こんにちは。
転職は天職さがしへの第一歩の管理人です。

今回は、派遣社員から正社員を目指してる方へ、「正社員なって得する2つのメリット」を公開します。

早速ですが、このページを見てくれているあなた。

  • 「派遣先の人事部から正社員への打診があった」
  • 「派遣先から一向に正社員の声がかからなかった」
  • 「いつも契約更新してるのに、正社員になれない」
  • 「このままでは、一生派遣社員かもしれない」
  • 「派遣契約のままでも、良いとおもっている」

などなど、人によって色々な思いを抱えているのではないでしょうか。

派遣社員=「正社員になれないのは何かの欠点がある」と思っていませんか。

もしも、そう思っているのであれば、それは大きな間違いです。

会社は企業ごとに様々な考えで人事の選考も行ってます。

  • 正社員だけ求人しよう
  • 部署によって派遣を増やそう。
  • 正社員と派遣をバランス良く求人しよう

など、企業のスタイルによって雇用は様々なのです。

ここに来てくれたあなたは、「正社員になりたい」という思いでここにやってきたわけですよね。
その反面、「派遣社員のままで一生過ごそう」って人は、主婦の方や正社員に就きたくてもつけない理由がある人だと思います。

このページでは、派遣社員より引き抜かれても、転職しても正社員になったほうが得する2つのメリットを紹介します。

 

 

派遣社員から正社員になる2つのメリット

派遣社員から正社員になると2つの呪縛から解放されます。

  • 「雇用期間が有期契約から定年まで」
  • 「昇進・昇格の権利を掴むことができる」

正社員と派遣社員の大きな違いはこの2つです。

企業によっては派遣社員でも「昇給・賞与」が場合によってはありますが期待しすぎないことです。

今現在、派遣社員もしくは、これから派遣社員として働くのであれば「昇給・賞与」の契約確認をしっかりしておくことです。

それでは、正社員になったほうが良い2つのメリット「雇用期間の解放」と「昇進・昇格」について、ひとつずつメリットを解説していきますよ!

 

派遣から解放されることによって原則定年まで働ける

派遣社員として派遣先で働いても一定期間が来ると「契約更新」が必要な時期が必ず来ます。

派遣先で正社員と同じ仕事量をこなしても、更新されなければただの馬車馬のように働かされて不必要になったら、契約解除されてしまう捨て駒みたいな扱いをされてしまうかもしれません。

結局ところ、契約社員は更新期間になれば

「ビクビクしながら働いて」契約更新しても

「次は更新されるのか?」と考えたくなくても考えてしまいます。

雇用期間の呪縛を背中合わせに毎日の業務をこなすわけです。

ですが、正社員としてお世話になることができれば、「ビクビク」しながら働く必要はなくなります。

正社員となれば、会社が大きな人員の削減のリストラを結構しないがぎり、原則定年まで勤めることができるのです。

 

定年まで働くことができれば退職金にもありつける

 

派遣社員から正社員になれば、雇用契約の呪縛からの解放以外にも退職金もいただけます。

派遣社員でも派遣会社によっては、支払われる事例もあります。

ですが、現状ではほとんどの派遣会社に退職金の支給制度はありませんので、原則としてもらえないと理解しておくことです。

正社員でも、民間企業の場合は退職金を支払うことが義務付けられてません。
退職金を支払う支払わないは、民間企業の裁量であり企業の方針に委ねられますが、厚生労働省の調べによると、平成25年時点で、退職金制度を導入している企業は75%以上と高い数字です。

このデータからも分かるように、正社員を目指すのであれば、「退職金を頂ける企業」にお世話になることです。

現状としてわからないのであれば、「退職金の有無」などもしっかりと確認する必要があります。

 

退職金があれば老後の資金のカバーもできる

昔から言われてきているのが、老後の費用は3,000万円必要と言われています。

年金生活に入ると、他からの収入はありませんので基本、支出だけになります。

その時に、年金+老後資金として3,000万円を必要と言われているのです。
退職金で少しはカバーできるのであれば、最低限の生活費と趣味にあてる資金も捻出できます。

その反面、契約社員として一生を過ごすのであれば退職金を期待することはできませんので老後もアルバイトをしたり、パートタイマーで自分の老後の自由な時間を削りながら給料を頂いて支出を減らすなど生活を考える必要もあるのです。

ここまで説明しても分かるように、

正社員にならなければ将来に対して不安要素しかないことがわかるはずです。

派遣社員として働いているのであれば、雇用期間にビクビクするはずです。
それよりも正社員になり定年まで勤めて、退職金などもしっかりと貰う方が賢明です。

それはそのはずですよね。

正社員も派遣社員も同じ部署であれば、勤務内容は変わらないのですから。

 

昇進・昇格できればキャリアアップできる

派遣から正社員になれば雇用期間の問題を解決できる話をしました。
次は派遣から正社員になるメリットとして2つ目を紹介します。

派遣社員では絶対に不可能なことがあります。

  • 昇進
  • 昇格

この2つになります。

正社員になれば、「昇進・昇格」を掴み取れることになるのですが、この2つをメリットを良く考えると、ある2つのことが思い浮かびます。

  • 昇給
  • 賞与

派遣社員では企業によっては貰えるかもしませんが、正社員になれば年に1~2回の昇給と会社の利益によってボーナスとして賞与があります。

あなたなら、どちらの雇用条件で働きたいですか。

派遣社員の場合は原則として支払義務はないのでもらえる確率の方が少ないです。

ここまで考えれば正社員として会社に勤めたいと思う気持ちが出てくるはずです。

「そんなの理解してるけど無理だよ」
「紹介予定派遣制度でもなかぎり無理です」

などと思っているのであれば、まだ正社員への道を諦める必要はありません。
世の中には、沢山の求人もありますから正社員へのチャンスは沢山あることをわかって欲しいのです。

*紹介予定派遣制度とは*
紹介予定制度とは、一定期間契約社員を働いた後に、直接雇用自分自身が選択できる制度。
正社員になることを前提に契約社員をして一度は派遣先に勤務し会社規定の契約期間後に選べます。

 

正社員になるためは3つの選択肢がある

正社員になるためには3つの活動方法があります。

  1. 派遣先企業で運に任せて正社員を目指す
  2. 派遣先企業で紹介予定派遣制度で正社員になる
  3. 派遣先を転職して他企業の正社員を目指す

1番と2番は、今現在の派遣先で正社員を目指す方法です。

紹介予定派遣制度であれば、一定期間後に派遣先企業と直接雇用が選択できますが、そのような契約ではない場合は自力で派遣先から「あなたを欲しい」と思わせるスキルや、やる気がをアピール出来なけでば正社員として声がかかることはないと思ったほうがよいです。

 

派遣先企業から他の企業へ転職をする

派遣先で正社員を目指す以外の方法は、他の企業に正社員として転職する以外ありません。

  • 「また転職活動するのか・・・」
  • 「転職活動は派遣の仕事があるから無理・・・」
  • 「どうせ転職して正社員になれるはずがない・・・」

などなど、ネガティブな発言が聞こえてきそうですが、派遣社員よりも正社員になるほうが得られるメリットを理解できているのであれば転職するしかないのです。

正社員になって将来への不安をなくすことが良いと思いませんか。

もしも、私が契約社員として働いているのであれば正社員として雇用してくれる企業を探し転職活動をします。

 

転職するためにはどうすればいいのか?

正社員として転職したいのであれば求人を探すことになります。

転職方法は具体的に4つあります。

  1. 地域のハローワークで探す
  2. 友人の紹介で求人がでたら面接を受ける
  3. 転職サイトで地域の求人を探す
  4. 転職エージェントに頼ってガチに転職する

大きく分ければ4つに分かれるでしょう。

ハローワークで探してみる

ハローワークで実際に求人企業を探すことも良いことです。

メリットとしては、リアルタイムの求人情報の閲覧をすることが可能だからです。

その反面デメリットもあります。
それは、ハローワークは派遣契約の仕事が多いんです。実際にどこの都道府県でもハローワークに通うと雇用条件が派遣やパートタイマーの案件が多いのです。

なかには、正社員求人もありますがハローワークに行ったことがあるかたであれば、分かると思いますが「倍率は結構高い」です。

それもそのはずで、職探しといれば「ハローワークにとりあえず行こう」とする方が多いので、条件の良い求人はみんな探しているってことを理解する必要もあります。

 

友人の紹介で転職する

友人の紹介で転職することも十分に可能です。

事業所内部で社員に「求人出すけど知り合いいないか?」なんて人事から声もかかることもあります。
私自身、転職の記事を書くのにいろんな人事の方や営業の方とお会いする機会があります。

アポイント取ると必ずと言っていいほど、「誰か紹介して」と言われることが多いです。

理由としては、企業も人材確保に結構な広告費用を年間で投資します。
なかには新卒で採用しても数か月で退社する人もいますから、抜けた穴を埋めるために人材確保するのです。

その一方で、紹介なら無料で人材を集めることができる為、求人を出す前に会社内で求人告知を出すことはざらにあります。

ですので、友人の企業で求人でたら「教えてね~」と声かけてみるのもいいでしょう。

 

転職サイトを活用してみる

ハローワークや友人からの紹介で転職するのも選択肢の1つですが、転職サイトを活用するのも1つの手です。

転職サイトは企業サイドが転職サイト会社に「求人依頼をお金をかけて依頼」します。
企業サイドも本気で人材を募集してるってことです。

ハローワークなどは無料で求人を出せるので、会社側から見れば「沢山面接していい人材見つかればラッキー」なんて思っていることも多いです。

それに比べ、転職サイト依頼する企業は「転職したい人」を探してるわけですから、かなり本気度は高いです。

派遣からでも正社員募集してる会社もありますし、第2新卒や若手、もしくは年齢も関係なしに求人してるサイトもありますので自分の働きたいスタイルで転職活動をして正社員になってみても良いです。

リクナビネクストやdodaの転職サイトなどは求人数も豊富です。

自分の理想の会社を吟味しながら探すことが可能です。

 

転職エージェントで非公開求人案件を手に入れる

転職サイトとは違い、転職エージェントに転職依頼をすると確実に転職への道は開かれます。

実際に転職エージェントは「非公開求人の案件」も多数ありますので、本気で転職をして正社員を目指すのであれば、一番の近道となります。

 

ただし、注意点として、本気で転職したいのであれば、エージェントに自分の本気度を伝えること。

  • とりあえず良い求人があれば~
  • 転職して正社員になりたいっす
  • 自分で活動するのが面倒なのできました~

なんて感じで応募すれば、エージェント再度も「適当に紹介しよう」で終わらせるはずです。
実際に、転職エージェントを活用しても失敗に終わるのは、依頼する側の態度が良くないからです。

それよりも、「今まで派遣としてやってきたが、将来に不安になり今後のことを色々と考えると正社員として頑張ろうと思った次第です」などとしっかりと自分が思ってること、自分の未来図をしっかりと相談して、給料面・雇用形態など確認することです。

そのほうが親身になり、本気で入りたい理想の企業を紹介してくれますよ。

転職するには4つの方法がありますと言ったことを再確認します。

  1. 地域のハローワークで探す
  2. 友人の紹介で求人がでたら面接を受ける
  3. 転職サイトで地域の求人を探す
  4. 転職エージェントに頼ってガチに転職する

この4つの方法で正社員へを目指すのであれば2番から4番まで選択肢が最善です。
自分に合う方法で転職活動してみるのも良いですね。

 

【番外編】正社員になれる人の特徴

派遣から正社員を目指すのであれば、紹介予定派遣制度に派遣社員としてスタートする方法があります。

それ以外で、正社員として声がかかるのであれば方法は1つです。

  • 「会社側が正社員として欲しい」

と思わせる、スキルやヤル気をアピールすることです。

企業側も派遣社員の業務内容もしっかりと見ていますし、売り上げの数字も気にします。

もちろん、そこにスキルがあれば文句の言いようがありません。

それよりも、「派遣期間で辞められたら他の企業の戦力になってまう」と恐怖を感じるわけですから、契約期間終了時に声を掛けたり、契約期間内に正社員としての打診もあるかもしれません。

ですから派遣期間内にも取得できる資格を受講したりすることも大切です。

事務職であれば

  • 医療事務
  • 日商簿記
  • 調剤薬局事務
  • 介護事務
  • MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

建設系であれば

  • 土木資格
  • 建築資格
  • 宅建

ライフプラン系であればファイナンシャルプランナーなどの資格もあります。

自分の働いている業種によって選択肢は分かれますが、正社員になるために役立つ資格は保有するべきだとおもいます。

この先グローバル化が進めば、「英語力」も必要になってきますし、今現在、日常会話レベルまで話せるのであれば、

「私は、海外でもどこでも仕事できます」アピールすれば日本じゃなく海外まで視野を伸ばすことも可能なのです。

そして、最後にアピールを積極的にすることです。

資格や熱意が合ってもアピールしてないのであれば、宝の持ち腐れです。

正社員としての声がかかるには自分から動きだしアピールをすること。

熱意や誠意をしっかりと言葉と体で表現することが大切で、実際に派遣社員の場合「遠慮しよう」「同期の派遣に抜け駆けすると無視されるから大人しくしておこう」なんて思う考えの人も多いのです。

同期派遣社員に遠慮はしないことです。

まずは自分のことを最優先に考えるべきですし、派遣のままで良い人は自分から動き出しませんし動かないので、本当に派遣社員から正社員になりたいのであれば「アピールすること」が重要です。

私、直接雇用されるのであれば、なんの仕事でも誰よりもやり遂げます!

このくらい、今いる部署の部長にでも言えるのであれば、チャンスはありです。
まったく言える勇気がないのであれば派遣社員として一生過ごすかもしれません・・・

変わりたいのであれば自分で動くことが大切ということを忘れないでくださいね。

 

最後に

ここまで話したように、派遣社員から契約社員になるとメリットが沢山あります。

  • 昇進・昇格
  • 賞与・昇給
  • 退職金

これらは正社員にならなければ、貰えない確率が「ぐ~ん」と上がります。

ですから、派遣先で正社員めざす、もしくは転職して正社員をめざすでもいいので派遣からの脱却を考えて活動することです。

  • 転職なんて無理だ・・・
  • 正社員になれるはずがない・・・

そのように思うのは今日までです。
自分で動き出せば必ず、あなたにとって理想の職場を見つけることができますから。

今回も最後まで見ていただきありがとうございました。

-転職サイト

Copyright© 転職サロン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.