転職サロン

転職サイト・転職エージェントに全て登録して比較してみた

転職エージェント

30代の転職で失敗は許されない!リスクを回避し豊かな生活を送るコツ

30代からの転職活動を成功させるには、成功ノウハウを学ぶよりも転職で失敗しない事例や体験談を聞いたり学ぶ必要があります。

色々な転職攻略サイトを徘徊しても、転職で失敗してしまう30代に共通していることは、

「それだと転職失敗するよ!って言ってるのに、何回もエントリーで選考から落とされると、焦ってきてわからなくなり失敗するパータン」だったり、

「わかっていないのに、わかっているフリをして努力をしない」から面接時に墓穴を掘ったり、

「本当は自分だけが会社で浮いてる存在なのに・・・あの上司はや同僚はおかしなことを言ってる」などと勘違いしてしまったりと、転職活動を開始すると、冷静に自己分析や行動指針ができなくなったり、転職先の企業の経営方針を理解しないで面接をした結果に、、、結果は散々となどと、かなり凡ミスをしてしまうことがあります。

ですが安心してください。

このページでは「30代で転職を成功させるために、失敗する事例集をかき集めました」ので、成功するルーティンよりも「このような行動を取ると転職に失敗するよ」ってことをお話したいと思います。

30代から転職で失敗する人の大きな原因

転職での失敗談は主にこのような事例があります。

  • 転職活動をする前に退職をする
  • 転職の動機が曖昧で、誰が見ても聞いても計画性がない
  • キャリアがないのに高望みの転職先ばかりを探す
  • 転職先の選ぶ選考基準が「年収アップ」
  • 泥臭い仕事を敬遠する
  • 転職に失敗したら「次がある!」と楽観的考えで転職する人
  • 転職サイトだけで求人企業を探す人
  • 家族に反対されて転職できない人
  • 周りとの協調性が全く取れない自己中な人

この失敗事例を順に説明していきます。

転職活動をする前に退職をする

30代からの転職でも、その他の年代でも絶対にやってはいけない行動なのに、「上司と反りが合わなかったり喧嘩別れなど」をすると、その場でやけくそになり、退職してしまう人がいますが、この行動こそ、転職活動で一番失敗するパターンです。

退職を先行する=毎月入ってきた、安定した権利収入の「給料」がなくなるわけです。

「預貯金があるし、失業保険で少しは大丈夫だろう!」と思うなかれ!!

転職活動は早い人では、1か月などの短期間で採用される人もいますが、実際には平均3か月から、長い人では1年かかるケースもありますから、転職で内定をもらう前に退職するのは、自分の首を絞めているのと一緒です。

実際問題、退職してから職が見つからないためにバイトをせざるを得ない状況になったり、正社員としての転職を望んでたのに、やむを得ず契約社員として契約してケースなどもあります。

また、まだ年代的には先の話ですが、早期退職などで退職後に第2の転職先を探す人も多くいますが、意外とこのケースに失敗例が多く、今まで年収550万あったのに、早期退職して、職探しした結果、「年収が200万になってしまった・・・」「早期退職して転職活動なんてするんじゃなかった・・・」と後悔をするケースが多いのです。

ですから、転職するのは必ず転職先と雇用契約を結んだ後にしましょう。

 

転職の動機が曖昧で、誰が見ても聞いても計画性がない

30代からの転職で、目的や動機が不明確な方があります。

例えば、「同僚が転職して年収が上がり、生活レベルも幸せそうな姿を見て「自分も転職」と考える」と、言うパターンです。

確かに、転職をする1つのキッカケとしては良いと思いますが、「なぜ?そこの会社に転職をしたい」「転職することで○○を得たい」などと転職先に貢献する対価として、このような生活が欲しいと思わなければ、転職は失敗することでしょう。

目的は「子供の進学のために貯金をしたく、今まで遠方まで勤務していたが、自分の望む雇用条件にマッチングしており、(福利厚生など)+通勤時間も短くなり、家庭や家計にも奉仕てきると思った」などと、目的を明確にすることです。

 

キャリアがないのに高望みの転職先ばかりを探す

年齢の割に大したキャリアもなく、経験も活かせない職場を転職先に選ぶと、転職後に「浮いたり・戦力外」になります。

ですから、今まで経験したキャリアを活かせる転職先を選ぶことが本来であれば理想です。

20代から転職を散々転職を繰り返してきて、キャリアもないのに「私はこれから、会社のために尽くします!」っていっても誰も見向きもしません。

ただ、これがIT業界に転職をするのであれば、キャリアよりも「やる気・ポテンシャル・クリエイティブ」など見えないパフォーマンスを期待されますから採用されるケースも多いでしょうが、IT業界は何せ、社員の入れ替えが早い業界ですので、プログラミングのスキルがあるのであればチャレンジしても良いでしょう。

身丈に合った職種や業種を選ぶことが大切です。

転職先の選ぶ選考基準が「年収アップ」

年収アップを目的とした転職も確かに1つの理由だと思います。

実際、ビズリーチなどは高収入転職が可能な、エージェントサイトですので、マッチングした条件があれば積極的にエントリーするべきです。(ビズリーチは登録をしておくと逆オファーもあります)

ただ、年収だけで判断をすると、やりがいを求めてた人にとっては「退屈な職務」に配属されるケースもあります。

希望とする職種と業種の平均年収を考慮しながら、転職活動を行うことです。

ただし、私は企業年収だけで考慮するのも生活や夢もありますから大切だとおもいます。

泥臭い仕事を敬遠し、周りと協調性が取れない人

転職すると、はっきり言えば新人と同じ立場なのに、転職入社後に、偉そうにして、雑務の仕事もこなせなかったり、年齢が自分よりも低い社員を見つけると「タメ口」で喋りかける人もいますが、転職後の行動としては最悪のタイプです。

転職したら、新人でもやらないような仕事を率先して、年下の部下にも敬語で話せるような人になってみては?それができると人望も厚く「あの人は、細かいことにも気が付いてくれ、年下にも敬語でお手本にしたい人」と社内でも評判されることでしょう。

決して「ゴマすりなさい」と言ってるわけではなく、転職した身ですから、「誰もがお手本にする人になってみましょう」と言ってるだけです。

入社から数日は、礼儀正しく清らかに…と、当たり前のことかもしれませんが、「当たり前のことを継続できる人をあまり見かけたこと」がありません。これからキャリアを築くつもりであれば、この意思は持ち続けたいですね。

 

転職に失敗したら「次がある!」と楽観的考えで転職する人

転職をロールプレイングと勘違いする人は超危険です。

転職してみたら「失敗した・・・さて!また探そう!」などロープレ感覚で転職をすることは辞めること。

何回も転職を続けると選考時に「この人は2年周期で辞める傾向があるから、有望ではないから却下しよう」などと転職癖を見抜かれます。失敗したら次はないという気持ちで転職活動は行うものです。

転職サイトだけで求人企業を探す人

転職するには「転職サイトがいい」と言われ、転職サイトで求人を探し、独りよがりで行動する人は社会の流れを見てない人が多いです。

転職で成功するためには失敗をしないことですが、転職サイトを過信しすぎないこと。

あなたが「転職活動を始める」と宣言すると友人などから逆オファーがあるかもしれませんから、転職サイトだけに頼らずに、友人からの紹介を得ることです。

家族に反対されて転職できない人

転職をしたい旨を家族に伝えると「猛反対」される人もいるでしょう。

「家族が転職活動に反対するのは」明確な理由や「今の会社にいることで請け負うデメリット」を説明できないからです。

「家族から反対されるから転職できない」ではなく「家族が納得する転職材料がない」と思うこと。

 

転職エージェントは相性が悪いと思っている人

転職エージェントに相談をすると「自分の理想の会社とかけ離れた企業を紹介してくる」などといったケースを経験してる人も多く、「転職エージェントとの相性は最悪」と思っている方もいるでしょうが、それは大きな間違いです。

自分が希望とする条件以外の会社を紹介してきたら、そのエージェントを担当から外してもらうこと。

担当を外しても同じ状況であれば、転職エージェント会社そのものを変更することです。

エージェントは、人材斡旋業ですから企業に転職者を紹介し、その謝礼として報酬を得ていますので、担当エージェントによっては「自分の成績のため」で動く担当もいるわけです。

ですから、その場合は担当を外してもらう、もしくは、エージェント会社を複数かけ持つことで、自分の理想の企業を探して、最後までサポートしてもうことに尽きます。

 

転職エージェントで、最終的に転職できなければ、転職できる可能性は低くなる一方ではないでしょうか。

30代からの転職で失敗しないリスク管理法

ここまで失敗事例を話してきましたが、30代で転職活動を失敗させないためには、先ほどの事例を元にリスク管理をする必要があります。

  • 退職は転職企業から内定をいただいた後にする
  • 転職後は給料が下がる可能性が高いから資金管理を見直す
  • あまり精神的に負荷のかからない労働環境を選ぶ

順に説明をします。

この3つのリスクを回避することで、転職後に失敗するケースは最大限抑えることが出来ます。

退職は転職企業から内定をいただいた後にする

これは、失敗事例でもお話しましたが、転職活動は「在職中」にすることが基本中の基本となります。

「人間関係が問題で在職先をすぐに辞めたい」

「上司と喧嘩したからもう、その面下げて戻れない」

などと、思うかもしれませんが、翌日に何もなかったかのように出社しましょう。もしもネチネチと「昨日、会社辞めるって言って帰ったのに、なんで来てる?」って聞かれても「すみません」と一言言って、その場は耐えることです。

本当に、お金が入ってこない環境下で転職活動をするのは危険極まりなくストレスも溜まりますから。

退職後は給料が下がる可能性があるので資金管理を見直す

退職し転職後の給料が、今までと同じか、給与アップした転職であれば問題はないですが、すべての人がそうとも限らす、年収が下がる転職がはじめは多いはずです。

その時に、今までローンの支払いなどで、あまり貯金をできない環境だったのに、転職後の給料が下がるのであれば、支出を見直さなければなりません。

特に家計の資金を管理しているのは30代であれば、奥さんが握っていることなので、今の資金管理を二人でしっかりと話し合い、転職することで、どのくらいまで年収が下がっても許容範囲なのかも調べておきましょう。

転職後にアタフタしてもあとの祭りです。

あまり精神的に負荷のかからない労働環境を選ぶ

転職先の労働環境の悪化により、体調を崩してしまうケースもあります。

工場勤務などの、流れ作業であれば、精神的なダメージは少ないですが、ノルマがある営業だったり、残業がメインの企業の場合、入社後に「こんなの聞いてなかった…」と後悔することも。

そうならないためにも、自分の体力やメンタルに相談しながら転職活動をすることも大切です。

 

30代からの転職で本気で成功するには転職エージェントを活用する

リスク回避の方法がわかれば、最後に頼るのは「転職のプロ」に任せるべきです。

転職サイトから、求人情報を閲覧して全てを自分でやるよりも、あなたの希望に沿った条件で、しっかりと紹介してくれる転職エージェントに依頼するべきです。

転職エージェントは、あなたが納得する企業が見つかるまで、提示してくれますから、良い条件があればエントリーをすればいいですし、あまり乗りの条件ではない場合は、しっかりとお断りをするべきです。

また、ここの時点で企業を妥協すると入社してから、後悔することになりますからしっかりと意思表示をすることです。

 

【結論】30代からの転職を成功させるには失敗事例を全て知ること

30代からの転職は一筋縄ではいきませんが、失敗する事例を見ればリスク回避できるものばかり。

  1. 転職前に会社を辞めない
  2. 自分の家計を見直し年収の増減のリスクコントロールを見直す
  3. 転職エージェントに依頼をする
  4. 十分納得がいくのであれば、転職先にお世話になる

この手順をしっかりと行うことです。

細かいことを言えば、いくらでも箇条書きの項目が出ますが、最低限30代の転職活動で失敗しないこと前提に動くのであれば、この流れをルール化して守りましょう。

 

-転職エージェント

Copyright© 転職サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.